FC2ブログ

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

Entries

207過給かからず

207GT、アクセルを離したときにプシューとターボならではの音が全くしなくなり、加速パンチも今一つなプジョーたん。高速道路でエンジンチェックランプが点き、スマホでダイアグ確認すると、過給不足、O2センサー異常が出る。

プシュー音を発生させている弁操作を担っているディバーターバルブ(ブローオフバルブ)と呼ばれる部品が怪しい。
sDSCF1158_R.jpg
予想通り、パーツが完全に破断、バラバラになってる!!!
DSCF1160_R.jpg
通常は上記部品は全て一体化してて分解できないパーツ。これじゃあ、弁が効かないね・・・小指のところにあるのが取れちゃってる弁。
DSCF9717_R.jpg
上記が、壊れていなかったころのバルブ。

楽天で即日配達対応してるところがあったので注文。OEM品で送料込みで5500円。

もう15万キロやからね、、、あちこち交換が必要になってますwww ブーストアップのサブコン入れたことも、給排気系パーツ劣化を早めているのかもしれないね。。。

車検あがり翌日のトラブルだけど、車検担当を恨むことはないなあ、、、

車検はあくまで国家基準に合格する最低ラインのクルマ状況かを確認するのであって、点検整備がメインではない。車検整備でディバーターバルブの状態を外して確認するか? ったらしないでしょう。自分が整備士であっても点検しない。あくまで走行停止に直結する、冷却水、ブレーキ、ファンベルト具合、かじ取り装置、バッテリーの不具合チェックにとどめる。もちろん、点検料金を別にくれれば、指定してくれればやりますけどね。

車検は、次の車検まで問題なく走れることのお墨付き検査ではない。

車は膨大なパーツから成り、予備交換やりだしたら費用が膨大にかかります。車検したばかりだから故障しない というのは誤った認識ですよ。
スポンサーサイト



拍手する

Appendix

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


https://teleusa.blog22.fc2.com/