FC2ブログ

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

Entries

デサルフェーターを付けました

のび~太、エコピュア、サンダーアップ・・・など、鉛バッテリのサルフェーション除去装置(以下、デサルフェーター)を知っていますか?

バッテリ延命に興味はあったもののバッテリの調子は良さげ。デサルフェーターは車載機器への影響もあるのでは? と不安だったので見送ってきました。プジョーのバッテリーがどうも古くそろそろ年数的だけ考えれば寿命っぽい。しかも、最近のバッテリは性能が向上したぶん、突然死するという事例もあるようで怖いですよ。鉛が高騰していることもあって、適合バッテリーが1.5万円します。

しかし、プジョーたん、あと乗って3年と考えるとバッテリ購入するほどでもありません。

デサルフェーターは、ネットでは送料込みで1500円~ それで、あと3年持つかもしれないなら・・・トライすることにしました。
P1014778_R.jpg
↓この製品の仕様です。仕様開示されているのは安心です。20V弱のパルス山を1秒間に3700発打つみたい。
DSCF0716_R.jpg
中華製品ということで、念のため中身も確認。
P1014779_R.jpg
基盤も存在していて、ヒューズは付いてて悪さはしなさそう。

とはいえ中華製品。また、車載製品への高周波パルスを少しでも減らしたいので、不要論が高いフェライトコアを設置することに。プジョー207GTの場合は、プラス端子は複数配線になるため、マイナス端子側にフェライトコア入れています。コアの径は直径9mmがジャストフィットです。
DSCF0715_R.jpg
フェライトコアは必ず車載に伸びる線に繋ぎます。

ちなみに、「車載製品はノイズ考慮した耐性を持たせているので、デサルフェーターの瞬間パルス程度では影響ない」とか、「パルスは直繋ぎした直近のバッテリのみに作用し、配線長がある車載機器にはほとんど流れ込まない」という記事もあります。確かに、スパークプラグのほうがよっぽどのノイズ源です。ガソリン車のスパークノイズで車載戦品が死んだ! なんて話は聞いたことがありません。自分も自動車業界のECUを作っていますが、耐ノイズ試験はクリアさせていますし、フェライトコアは不要という話もごもっともです。それでも念のため、てれうさは挟んでいます(笑)
img014_R.jpg
フェライトコアをデサルフェーターのラインにつなぐのはNG。折角の有用なパルスを除去してしまい無意味になります。

バッテリのマイナス端子を外して、車の内部に伸びていく配線にフェライトコアを入れて・・・
DSCF0720_R_20190504181929876.jpg
デサルフェーターをプラス端子に取り付け。デサルフェーターをマイナス端子に取り付けて、強力な両面テープ等で、デサルフェーターを固定したのち、マイナス端子をバッテリにつなぎます。すると、ピーーーーーっという微かな音が聞こえてきます。
DSCF0722_R.jpg
このデサルフェーター、DC 12V作動という仕様です。なので12Vを割ったら作動停止してくれればバッテリ上がりには至らないのだけど・・・そうはなっていないだろうなあ、安物だけに。長期間、車に乗らない場合は車載運用はやめるか、長いこと数日乗らないときは、マイナス端子を外すなどの対応がベターかも。てれうさの場合は、土日以外は毎日100キロを通勤で乗るから問題ないです。消費電流は最大20mAなので、LEDライト1個が常時点灯する程度の消費電流です。

何回かエンジン始動と停止、そして200キロ近く走行してみましたが、ピー音は車の中だと全く聞こえません。また、今のところ電子製品の誤作動や故障はモチロンなしです。ラジオにもノイズが乗るような感じはありません。

ネット記事を拾いながら、デサルフェーター(desulfator)のまとめ。

【デサルフェーター とは】
鉛バッテリーに起こる放電時に硫酸鉛の結晶が端子に付着するサルフェーション現象(電気の出入りを妨げるので性能ダウンしていく)を、パルスで衝撃を与え結晶除去することで、バッテリ性能を長持ちさせるもの。鉛バッテリにしか効果がない。デサルフェーターには米国特許があるぐらいだから、パルスショットでの結晶除去は有用なのだろう。デサルフェーターはパルス発生器なので、これ自体が電気を微弱に喰うので注意。また、バッテリ端子の損傷といった致命傷を復活させるものではない。

【使用方法、運用】
車載して常時運用する場合、作動電圧が成り行きのデサルフェーターならバッテリ上がりさせないために、こまめに乗って充電すること。車載製品への影響がどうしても心配なら車載に繋がるケーブルにフェライトコアを付ける。自宅にバッテリを持ち込み充電しながら運用する場合、市販の民生機器等はパルスに弱いので、民生機器に繋がる配線にフェライトコアを入れるべき。てれうさはめんどくさがりなので車載で常時運用中です。
スポンサーサイト



拍手する

Appendix

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


https://teleusa.blog22.fc2.com/