FC2ブログ

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

Entries

電話機の充電プラグの接触が・・・

自分のところの自宅固定電話機が最近、充電されない、また、不通になることが散発です。スマホで成り立つ生活なので、今更固定電話を使うことは滅多にないから、壊れたままでもそれほど支障がないわけですが。。。

実家が「携帯電話同士は通話料が高い」という思い込みから固定電話でやりとりしているぐらい。また、外で契約するとき電話番号記入欄があるわけで。携帯電話番号を書き込むといろいろとかかってきて面倒になることもあったので、仕方なく自宅の固定電話を残している状況です。あまり使わない固定電話を買い直すのも惜しい・・・ということで、DIY修理することにします。電子機械は大体10年寿命。この個体は11年くらい・・・直したところで、どこかすぐ壊れるかもね。

原因はココ、DC6Vのプラグを挿すところの端子。これが接触不良で子機の充電ができずに不通になるのでした。
DSCF0199_Ra.jpg
修正方法はいたって安直発想。このDCプラグを破壊して、配線をむき出しにします。そして、アダプターの配線をダイレクトに半田付けするというもの。アダプターをコンセントにさして電源が入ることを確認します。
DSCF0200_R.jpg
破壊したところから配線を出して・・・
DSCF0202_R.jpg
配線がグラグラしないよう、ホットボンドで固めて・・・
DSCF0203_R.jpg
電源が入って使えるようになりました。
DSCF0204_R.jpg
次にどっか壊れたら、買い直しですね。

でもこうして、修理して製品寿命を超えて使い続けるのも火災などの原因となることもあります。DIYして何でもかんでも修理してしまうというのも良いことばかりではない と思います。
スポンサーサイト



拍手する

Appendix

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


https://teleusa.blog22.fc2.com/