FC2ブログ

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

Entries

富士山だよ2

14日、起きたのは5時。水平線から太陽が昇るという本当のご来光シーンは見逃しています(苦笑) 見るためには4:30起きしておく必要あり。でも、ここまで来るのがシンドかったし、雑魚寝しているため、ワサワサと荷物や時計カメラを漁るわけにもいかないじゃん。というわけで、5:15分くらいのご来光写真。山中湖が見えます。
P8144074_R.jpg
静岡の街並み、駿河湾は雲の中。
P8144075_R.jpg
サバ定食(ご飯はおかわり自由)の朝食をもらって、わらじ館を後にします。昨日から一日ほとんど寝ているせいか、体の疲れはかなり回復しています。左ひざも若干痛かったのですが、それも見事に回復してる。しっかりした食事と休憩(睡眠)こそ、疲労回復に効くなと実感です。

14日の登り出しは6:00、健脚なら山頂まで3時間。ということは9時には山頂です。天気は良く、山頂まで綺麗に澄んでいます。
P8144076_R.jpg
写真のとおりで「わらじ館から山頂は近い!」と感じます。が、実際にはジグザグ登りが続き、高度700m、3時間ぶんはあるんだなあーと痛感することに。ただ山頂が見えているので、テンションが上がって登る活力になります。
P8144088_R.jpg
赤茶けた地肌。足元は岩場が多くなり歩きやすいです。山頂でのご来光組が下山してくるので、すれ違いは多し。「山頂まであと少し、ガンバッて♪」という言葉をもらい日本人の優しさに触れつつ登ります。前回のてれうさは、オバチャン含む数十人に抜かされこむら返りに苛まれてきたけども、今回のてれうさは違う。ペース早くて抜く側となれました。とはいえ、この中を短パン、ランニングシャツで、駆け足で登りトレランしている男性に抜かされア然、同じ人間とは思えねーっっっ(笑)
P8144091_R.jpg
あの鳥居がゴール???
P8144092_R.jpg
ゴールでした。3時間切って鳥居くぐり。一泊してるから快調でした。

浅間大社で長女の合格祈願をして、
P8144094_R.jpg
3776mの剣ヶ峰(けんがみね)に向かいます。快晴じゃん、いい写真が撮れそうだよ♪
P8144095_R.jpg
写真をよくよく見ると、山頂での写真待ちの列ができているのがわかります。そりゃ並ぶよ!!! いつでも気軽に来られる場所じゃないもん、山頂での写真は撮りたい!
P8144103_R.jpg
待ちの間、カメラの露出設定を済ませておいて、火口を撮ってみたり。う~ん、ここで今噴火したら・・・と、御嶽山の噴火ニュースを思い出します。

外国人も多いですね、、、10%程度いたように感じます。ツアーの団体客が来ましたが、「写真待ちすると行程に間に合いませんので写真行列に並ばないで」と呼び掛け。ツアーは楽なんだけどねー、行動制約とトレードオフ。さて、前のグループや家族が、何ショットもポーズを変えては撮りまくる(ひどいグループは20ショットぐらい撮っている)ので、なかなか順番が回ってこないwww これを見ていた後列は私含めてかなりイラっとしていました。というのも、雲がやってきてスカイブルーの空が無くなりつつあったからです。

そして、我々の順番。スカイブルーは私の2組前で終了。雲がかかってしまいました。。。チクショーっっっ!!! 長男と石碑の写真を3枚とって終わり。ほら、30秒もかからないじゃん。
P8144113_R.jpg
今回来なかった名古屋待機組にLINEで登頂写真を送ります。てれうさ自身の写真は撮りません、というよりてれうさと山頂写真を必要とするのは、自分含めて誰もいないから(笑) 結果、写真待ちで1時間弱をロス。これから登る人も、山頂での写真ロス1時間を組んだ行程にしておきましょう。

お鉢めぐりをしようと提案したけど、長男は風邪(高山病ではない。高度を下げても症状変わらずだったから)で頭痛もする・・・そんな気分じゃないとの回答。ま、次の愉しみに取っておこうか、曇ってきたし景観は白いから、ここは下山やね。

わらじ館のところまで降りて、大砂走り開始。
P8144124_R.jpg
長男は下山スピードの最速にチャレンジしたかったらしく、頭痛を抱えながらも軽快に下っていきます。
P8144125_R.jpg
途中、雷雨に当たりましたが、火照る体を冷ましてくれる雨。頂上~御殿場口までのコースタイムは3.5時間でしたが、我々は3時間を切ることに成功! 得意な人なら山頂から2時間下山も可能かも。コツは、ストック・金剛杖は使わない(手に持たないこと)、かかとからズシャッと砂地に踏みつけること、自分から飛ぼうと思わずに自然のスピード任せを基本に加速しすぎない程度に。ケツを下げながら重心を後ろのほうに持っていきつつ走ると、足腰への負担が少なくなり疲れにくい加速が得られます。
P8144126_R.jpg
12時前に大石茶屋に到着。くつろぎながら温泉と昼食場所を探してます。
P8144138_R.jpg
まずは、温泉だよ。
20180814_133521616_R.jpg
富士山天母の湯。ここは、フツーの水を加温しているタイプ。1時間以内の滞在のコスパを考えれば(410円)は、登山後の温泉としては十分です。御殿場口から30分程度の好アクセス。21キロを頑張ってくれた筋肉がほぐれてくー・・・登山後の温泉は至福の時です。
Screenshot_20180815-180113.jpg
↑ 今回の登山ルート、21キロ弱。登り11時間、下り3時間。

グーグルさんありがとう! 昼食は京頌苑。
IMG_20180814_135109766_R.jpg
入店が14時過ぎと飯時を外したが故か、ギョーザ不可、カタヤキソバ不可という店主の割り切りっぷりですが、大盛りにしたときのラーメンのボリュームがやばいです。写真じゃ伝わらないけど通常の2.5倍ある・・・というほどの器と盛りのデカさ。長男が食べきれないというので、分けてもらったほど。味は美味しい、だって、普通盛りのラーメンが380円、大盛りにしても480円。って、これで商売が成り立つのかが摩訶不思議だよ。
IMG_20180814_141009660_R.jpg
ただ、店主一人で切り盛りであることと価格からも、客に気を遣え! と酷評する人もいるけれど、それは酷なような気がします。

時間がありゲーセンに寄りたいというので、セガワールド富士へ。
20180814_153057168_R.jpg
ラブライブとキャンペーンやってました。で、長男がチュウニズムやっている間、車で仮眠したり、久々に格ゲーしてみたり。2時間ほど過ごした後、帰途につきます。

下の写真を見てワカル人は静岡県ツウです(笑)
P8144143_R.jpg
鈴木酒店さん。前からツイッターでフォローしていて、自分の地元静岡県に萌えな酒屋があるわー って思っていたのですが、21時までやっているとのことで、これは寄るしかないっ。悩んだらあえてハードルの高い選択肢を取るようにしている、てれうさ。
P8154145_R.jpg
買ったもの。これと、静岡県のご当地ビールを嫁さん用(てれうさ3日間遊び呆けてるからね)に何本か購入。ここ、また静岡を通過する用事あったら寄ろうかなと思います。てれうさ自身はお酒が飲めない側なので、飲める人にとったらここは天国ですか? ここは、萌え茶、萌えカレー、萌えおでん・・・萌えネタには尽きません。調味料も品ぞろえ良くあったのが印象的。

磐田ICでいったん降りて、静岡県限定の「炭焼きレストランさわやか」で晩御飯。なんと、20時過ぎなのに25組の75分待ち。スマホ待ちできるので、その間車で仮眠してました。さわやかはいつも行列です、系統はココスと似ているのですが、げんこつ大のハンバーグの肉肉さがより際立っている感じです。私はココス好きですよ、スマホ会員ですし。戦車道ともよくコラボしてくれますし(笑)

さて、今回は悪天候予想ではありましたが、結果オーライ。天気予報がいかに難しいかということ。わらじ館に掲示してある直近予報がかなり当たっています。富士登山の際は、わらじ館で天気ボードを見てから、山頂を何時に踏むかの検討をすると良いかなと思います。前回に比べて、(左ひざ痛はあったものの)こむら返りを全くしなかったのは、スポーツ飲料と塩飴の効果が大きかった(前回は真水)かな。あとは、登山開始の最初からストックを使用して膝負担を緩和していたこと、前回よりも荷物を軽くしたこと。てれうさの今回ルートは朝の4時前に登り出せば、日帰りの弾丸登山もできるかも。山小屋泊は滅多にできないので良い経験でした。お鉢めぐりができなかったので来年のチャレンジ項目にしよう。
スポンサーサイト



拍手する

Appendix

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


https://teleusa.blog22.fc2.com/