FC2ブログ

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

Entries

プジョー207エアコンガスDIY

9年選手のプジョー207。暑い昼間にエアコンがなかなか効きません。夜は相応に効くのでエアコン本体が壊れているわけではないし、ガスが完全に抜けているわけでもない。

じゃあ、抜けきってないまでも、エアコンガスが不足しているのだろうと必要な機材一式をアマゾンで購入。全部そろえても税込み4000円ちょい。
DSCF9515_R.jpg
ガス缶は密閉されていて・・・
DSCF9516_R.jpg
チャージングホースのネジ回しをすることで、プスッと穴をあけて補填するんだねー
DSCF9517_R.jpg
針は回すと引っ込みます。
DSCF9518_R.jpg
207の場合、ガス管の高圧側(H)と低圧側(L)は以下にあります。ボンネット開けて、運転席側です。LLCのリザーバータンクすぐ横にあります。
DSCF9521_Rb.jpg
エンジンを切ります。

ガスチャージするのは低圧側(Low)。エアコンの配管は2本あり、配管が太い側が低圧です。国産車のように、キャップにHとLの表記がない・・・
DSCF9522_R.jpg
キャップ外したところ。この状態ではガスがシューって出てくるわけではありません。
DSCF9523_R.jpg
チャージングホースの針が突き当らないように後退させておいて、ガス缶をクルクル回してセットします。
DSCF9533_R.jpg
チャージングホースの反対側はカチッと脱着式なので、車のL側にカチッと取り付けます(H側には付かない形状になっているらしい)。

チャージングホース内の空気を抜く(管内の空気は車に注入させてはならない)ため、ガス缶を回して緩めていきます。するとプシューっと音がするので、音確認したらすぐにガス缶を閉めます。これで空気が抜けて、ホース内も134aガスで満たされました。

エンジンかけて、エアコンを最大出力で動かします。常にエアコンのコンプレッサーが作動するよう、外気で最大、車内が冷えないように窓全開で。
DSCF9525_R.jpg
その状態で圧をみます。指定領域になくて圧が不足している場合(てれうさの機材だとブルーが適正範囲)は、チャージングホースのネジを回して缶にプスッと穴をあけて補給します。ガスがちゃんと送られるように、針を逆回して引っ込めます(缶に針が刺さったままだとガスが缶から出ていかない場合がある)。

ガスが車に入りやすくするように、ガス缶を手で握って温めつつ、軽くゆすります。しばらくすると圧を示す針の位置が安定してくるので、適正範囲に入っているか見て、さらに一缶いれるか考えます。
DSCF9528_R.jpg
てれうさのところは、一缶いれたら適正範囲になりましたので、これにて終了。エンジンを切り、クルマ側のLからカポっと外して、外したキャップを閉めて終わりです。ガス缶から外さないように。134aガスが配管からシューっと漏れてしまいます。

ちなみに、ガス缶に穴をあけたとき、圧が高いままで低くなっていかない場合は、車側のLがしっかりハマっていない(ガス缶から車に注入できていない)可能性大です。

そこそこ、冷えるようになった気がします。 エバポレーター(熱交換器、室内エアコンの金属ビラビラ)を清掃すると回復する事例も多数報告されているのですが、いかんせん熱交換器は素人が簡単に清掃できるような位置にないので、、、内装剥がしてまでやるか、う~ん悩みます。

134aは劣化しないとあるので、年数経過して入れ替えするようなものじゃないとのこと。Lのガス圧があるのに冷えない場合は、専門家に修理依頼するのが良いかと。
スポンサーサイト



拍手する

Appendix

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


https://teleusa.blog22.fc2.com/