FC2ブログ

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

Entries

南宮山

春ですね! 山登りです。冬についた脂肪を燃焼させる目的もあります。この時期の登山はまだ肌寒いものの、ブヨ、羽虫、ヒルがいないのがイイ。

2018の出初式は・・・
DSCF8874_R.jpg
手近な養老山脈の北にある・・・伊吹山、というのは冗談で。写真の雪が見えるところが伊吹周辺やね。この時期に登ったら雪崩に巻き込まれる確率大、まだ死にたくありません(笑) 今回は残雪もなくなった岐阜県の南宮山。

山のふもとに立派な南宮神社があり、ここに車を止めて登山することが可能です。
DSCF8875_R.jpg
神社敷地の西脇道に、ハイキングコースと案内板があります。
DSCF8876_R.jpg
広い敷地の神社です。立派なちょっとなぜか中華風テイストがあるような神社。
DSCF8877_R.jpg
鳥居トンネルをくぐって・・・
DSCF8881_R.jpg
左の橋に進みます。案内板がしっかりあるので迷うことはないです。
DSCF8882_R.jpg
コースはいたってシンプル。2バリエーションです。
DSCF8884_R.jpg
鳥獣除けの囲いをくぐっていきます。
DSCF8885_R.jpg
登りルートは階段が延々と続きます。う~、日頃運動していないからナマってるなー
DSCF8887_R.jpg
が、途中に休憩ベンチがあるので、休みながらいきましょう。
DSCF8888_R.jpg
途中に名もなき三角点がありました。
DSCF8889_R.jpg
林間ばかりで、眺望はこんな感じがずーっと続きます。
DSCF8890_R.jpg
石碑があったり(神降臨した場所なんだとか)、
DSCF8891_R.jpg
巨木が祀られてたり。
DSCF8892_R_2018031018350926e.jpg
ある程度登りきると、尾根歩きっぽくなり階段がなくなります。時折、右手に伊吹山が見えます。
DSCF8893_R.jpg
登り始めから小一時間ほどで展望台に着きました。
DSCF8896_R.jpg
名古屋市内が一望。ここの展望台まではなんら問題なく、しっかり整備されていて案内板がありますから。
DSCF8895_R.jpg
この展望台は南宮山の山頂ではありません。山頂を踏むには奥に進まねばなりません。 えっ!?
DSCF8897_R.jpg
立ち入りを遠慮してくれという看板が。。。しかし、進みます。
DSCF8900_R.jpg
しばらくは踏み跡がありますが薄いものです。有志の付けている目印をしっかり追わないと迷うリスクあり。スマホの地図持っていないと危険かも。
DSCF8901_R.jpg
進む方向わかりますか? (目印が木についてます)
DSCF8902_R.jpg
私は5、6回も目印を見失いコースを外れました。
DSCF8903_R.jpg
ちょこちょこ、街並みや伊吹山の姿が林間から見えます。ほぼ尾根歩きなので楽に歩けます。
DSCF8905_R.jpg
三角点のある山頂に到着。でも、眺望はありません。
DSCF8918_R.jpg
山頂からさらに北上すると、伊吹山を正面にした小ピークがあるみたいなので進みました。もちろん案内板は皆無。有志がつけた目印だけが頼りです。おそらく、北に抜けて下山するルートがあるんだろうなあ。
DSCF8921_R.jpg
雪の残る伊吹山に出会えました!!! 伊吹山をターゲットにしなくて良かった(笑) 来た道を戻ります。
Screenshot_20180311-001140.jpg
展望台 ~ 南宮山のルートは迷いやすいと思いますので注意してください。スマホ地図は必須です。粘土質と腐葉土と枯葉が混じり、ズルっと滑る箇所が多くあるの捻挫されぬよう。展望台までが結構勾配のある登りですが、以降は楽になります。

 山頂高 南宮山(なんぐうさん) 491m
 タイム 往復3時間
 面白さ ★★☆☆☆
 眺望さ 眺望はあまり良くない。木の間からたまに。
 難易度 ★★★☆☆
スポンサーサイト



拍手する

Appendix

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


https://teleusa.blog22.fc2.com/