FC2ブログ

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

Entries

長男の生活指導が入る

長男が中学校から生活指導を受けた日。私たちともども学校に呼ばれて面談となった。自分も生活指導を、中学時代に何回か受けた身分なので懐かしくもあり、お前もかー・・・遺伝要因って少なからずあるのかもしれない。

自分の生活指導は何だったかというと、

①テストの答案をいったん集めたものを、先生の机から抜き取り、自分の答案を満点にすべく修正しようとした。それを目撃したクラスメイトからのチクりで生活指導

②理科の実験道具がほしくて理科の準備室からパクった

③女子のスカートめくりなどセクハラ行為で生活指導

④掃除中に雑巾丸めて野球、何度かガラスを割り生活指導

やんちゃだった自分。母親をペコペコ謝らせてたな・・・と、思い出した今回の一件。当時は受ける指導やアドバイスなんて鬱陶しいだけで全く聞き入れなかったものの、成長とともに高校生に近くなるとカドが取れてきて、落ち着いてくるようにも思う。学年最後に出会った先生にも恵まれたのもある。ヤンチャ行為を「わはは」と笑い飛ばしてくれる寛大な先生だった。

自分が学校に呼び出されて頭を下げるのは別にいい。子供の育成環境の大半は親の背中を見て育っているから、子供の問題行動は親と連帯責任。ただし、自立するまで。芸能人でよく20歳過ぎた息子が警察沙汰となり、親が謝罪するというニュースを目にするが、これはオカシイと思う。

自分が生んだ男の子を表す言葉として、ご子息、息子、お子さん・・・といろいろあるが、子供の「子」が入る。自分が生んだ人間が自分が生きている間に「子」が入った単語で呼ばれることで、親は子離れしない、子はいつまでも子供も感覚で甘える、そんな親子の上下関係・依存関係が出来上がるのだろう。そういや、「親子」も「子」が入っているもんね。

呼び出されることで、生活指導する側もされる側も関わる全員の時間を消費するし、何より自分の時間を使ってしまう。警察沙汰となり、拘留されるような事件沙汰を起こしてしまえば、多大な時間を国家に拘束されてしまう。さらに、一度前科がつけば、就職先は限られ、行く先々で後ろ指をさされて、死ぬまで社会的に抹殺される。犯罪者やその血縁者を許さない! そう考える人が多いように思う。

社会に出たときに、問題行動や警察沙汰になることなく過ごすスキルは絶対に必要。こういう機会を通じて、日本社会の仕組みや、他人との関わり方ついて学んでいける人間になってほしい。
スポンサーサイト



拍手する

Appendix

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


https://teleusa.blog22.fc2.com/