FC2ブログ

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

Entries

木崎湖2017

長女が土曜日の夕方、いきなりスキーに行きたいと発言。そういや、受験やなんだで数年スキーに連れて行かなかったなあ・・・ということで、いつも仕事ばかりで家族サービスできてない負い目もあり、いっちょ連れたったるかー

高山方面か大町方面で悩むが、自分がよく知っている木崎湖でのんびり過ごしたい・・・目的地はてれうさの独断で大町市に。土曜の23時過ぎに名古屋発。中津川までは中央道、以降は19号で北上していく。軽自動車だと1200円くらいで、大町市まで行けるのはお得感あるなあ。大町の西友到着はAM3時過ぎ、駐車場で一眠りさせていただき、朝食を購入して腹ごしらえ。

午前の天気はスキー日和。
DSCF7266_R.jpg
風はなく、太陽の日差しがまぶしい。一面が雪化粧、奥には北アルプスもくっきり。

子供たちを爺ガ岳スキー場に送る。ここは中学生が子供料金なのがうれしい(大半のスキー場は子供料金というと小学生まで)。
DSCF7251_R.jpg
リフトは4つ、ストレートコースがメイン。鹿島槍などと比べるとちょっと物足りないゲレンデなのだけど、そのかわり料金がリーズナブル。低額スキーの代表格だったヤナバスキー場が閉鎖になったので、ここは良い選択肢かなあ。ゲレンデはさほど混雑することもないので、初心者練習や、ゆったりと滑りたい人には最適。上記写真はオープン直後の朝イチなので少ないけど、もうちょいにぎわってるよー

てれうさはスキーするよりも、普段の仕事の繁忙さから、ゆったりのんびりしたいー ということで、子供たちをスキー場に置いて、別行動。
DSCF7260_R.jpg
まずは、縁川商店さん。定番のおやきでコーヒーブレイク。
DSCF7257_R.jpg
冷めないうちに食べよっ!
DSCF7255_R.jpg
あったかい日差しの店内から、木崎湖や小熊山を眺める。しばらくはお客さんも私だけでのんびり過ごす。

海ノ口駅へ。
DSCF7262_R.jpg
レールの砂利も雪で真っ白。線路の除雪ってどうやるのかなあ?

木崎湖キャンプ場さんへ。盛大なコスプレロケをしていて、この時期でも車が7~8台と賑わっている♪ 雪像もあったりと、普段はしぃ~んと静まりかえるキャンプ場と思いきや、良い意味で裏切られる。
DSCF7263_R.jpg
湖岸だけが若干凍っているものの、人が乗れる厚みはない。寒さが続かないので、氷結が進まないみたいだ。

で、温泉といえば定番のゆーぷる木崎湖さんへ。
DSCF7275_R.jpg
2時間近く、湯槽に入っては出てを繰り返して、雪の中での露天につかる。ああ、なんたる非日常感♪
DSCF7272_R.jpg
体が十分に温まった後は、木崎湖の周辺道路にある駐車スペースに車を置き、湖岸を歩いてみたり、車内でうたた寝。とても、とってもだらだらと過ごすことができたー・・・ 明日から頑張れそうだ♪
スポンサーサイト



拍手する

Appendix

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


https://teleusa.blog22.fc2.com/